フレンチブルドッグのブリーダーはなかなか大変

フレンチブルドッグのブリーダーとは、読んで字のごとくペット犬のフレンチブルドッグを繁殖させる人のことです。フレンチブルドッグといえば、小さなブルドッグ、小型犬というイメージなので扱いは簡単かと思われるかもしれませんが、人工的に作られた犬種であるため、様々な問題を抱えていて細心の注意が必要な犬です。まず、生まれる時が一番大変です。赤ちゃんの時から上半身が大きいため、帝王切開をしなければ出産することができません。また、鼻や首が短いという特徴のためにいくつかの病気にかかりやすく、暑さにも弱いため夏期の体調管理はとても大変です。さらに、食いしん坊で太りやすいので食事や運動の工夫も必要となります。ペットなら1匹だけということが多いので何とかなりますが、ブリーダーはたくさんのフレンチブルドッグすべての健康を守ってあげる必要があります。フレンチブルドッグのブリーダーは、これらの課題に対処しながら繁殖を行っています。


ポスレジ

顧客管理

ネイルサロン 開業

エステ 開業

美容院 開業